profile exhibition decoration detail message informartion























































 

山本篤子は、一貫して瞑想空間を制作発表している
インスタレーション作家です。
インスタレーションとは、光、音、動きなども空間に取り込む
現代芸術です。

作品は、1980年代制作の、蛙の子は蛙と納得してしまう
<血のシリーズ>、90年代制作の、人はみな心に森をもって
いる<Forestシリーズ>、そして2001年からの、真実を探す
<Justiceシリーズ>へと続いています。



1980年 University of London, Goldsmiths' College,
post graduate Textile & Embroidery修了。
Art & Design Diploma修得。
1984~ 英国The 62 group of Textile artists 正会員。
www.62group.org.uk

現在、武蔵野美術大学、昭和女子大学、
神戸女子短期大学、非常勤講師。








インスタレーション・アーティスト山本篤子の
Fine Art Textile

Transparcncy 4 透明展

2014年5月27日(火)~6月1日(日)
AM 10:30 ~ PM 6:30 (最終日 PM 6:00まで)
※会期中無休


Gallery Kabutoya 銀座兜屋画廊

http://www.gallery-kabutoya.com

東京都中央区銀座8-8-17 伊勢萬ビル8F
Tel 03-3571-6331













 

近年、テキスタイルによる表現は、伝統的な技法による造形にあきたらず、絵画的表現や立体的表現を用いて造形する作家達の登場によって、現代美 術の一表現方法として定着してきました。
こうした新しい動きが生まれたのは1950年代後半からで、それに対応するように、62グループは1962年11月、刺繍の技法を用いて作品を 制作する芸術家達によって、英国で誕生しました。
62グループは、営利を目的としない任意団体で、会員の資格は選考によってのみ与えられます。そして、展覧会ごとに新しい審査委員会が設けら れ、提出された作品は厳格な審査を受けます。会員資格は、作品を出品し審査に合格することによってのみ維持されます。毎年、優秀な若い作家を会員として迎え入れ、今日に至っています。
62グループ会員は、アートを表現しようとしているのです。技法や素材は、各作家の「何を表現するのか」という行為のためのものであり、アイディアや創造力を尊重します。技術の精緻さを問題にする従来の刺繍や手芸という領域を超えたものです。こうしたコンセプトの元に、いまやテキスタイル素材や技法全般を取り込んだ、或は、それを超える多様性豊かな作品となっています。
世界をリードするテキスタイルアーティスト62グループは、過去に日本で1984年有楽町マリオンオープニング展覧会としてグループ設立20周年記念展、1992年に神戸ハーバーランドオープニング展覧会としてグループ設立30周年記念展を、共に阪急百貨店ミュージアムで開催しています。
今回の50周年記念展は、日本で62グループが開催する21世紀最初の展覧会です。会員52名から厳選されたFine Art Textile最新力作に、50年の足跡の一部を垣間見ることのできるレトロ作品を加え、合わせて60余点を展示いたします。
この展覧会の開催により、英国の長い伝統に支えられて生まれた、革新的表現を展望できると共に、日本の美術界に新鮮な刺激を与えることを確信いたします。

英国62グループ正会員  山本篤子







現代に息づく英国刺繍
62@50テキスタイル・アート展

後援 ・ British Council 公益財団法人日本手芸普及協会

2013年12月10日~2014年1月25日
※日曜、月曜及び年末年始12月22日~1月13日、18日休館
AM12:00~PM17:00 (火曜~土曜)
入場無料 

会場:昭和女子大学 光葉博物館
http://museum.swu.ac.jp/





62グループ設立50周年記念
The 62 Group of Textile artists 
www.62group.org.uk











 






Rendezv ous Goldsmiths
1975?88exhibition招待出品


2013.9.21~12.1

http://www.ruthincraftcentre.org.uk/downloads
/Goldsmiths_information_pack.pdf









 

故郷、神戸での個展です。
新幹線直結ホテルロビー階のギャラリーから、
行き交う人々に、透明な世界観を発信します。

糸、布、羽根、石、チュチュ、スカーフ。
Fine Art Textile の世界へ、どうぞお出かけ下さい。



山本篤子







Fine Art Textile
山本篤子 Transparency 2 透明展

http://atsukoyamamoto.com/index.html

2013.11.21(木)~25(月)
※最終日 午後5時まで
AM 10:00 ~ PM 19:00 火曜日休廊

会場:THE GALLERY / 田中美術
http://kobetanag.sakura.ne.jp


山本 篤子

芦屋市に生まれる
1980 University of London Goldsmiths'College
Postgraduate Textile & Embroidery 修了
Art & Design Diploma 修得
1984~英国The 62 Group of Textile Artists 正会員
現在 武蔵野美術大学 昭和女子大学
神戸女子短期大学 非常勤講師



THE GALLERY / 田中美術
〒650-0002
神戸市中央区北野町1 ANAクラウンプラザ4F ロビーフロア
Tel 078・242・7578
kobetanag@rose.ocn.ne.jp











 

個展活動を始めて35年になります。刺繍をアートに!と、情熱を持ち続け、今その世界が、はっきりと見えてきました。1983年のインスタレーション作品以来、一貫して瞑想空間をつくる作品展開をしています。蛙の子は蛙と納得してしまう、環境やDNAによるものとしか考えられない情念をテーマにした<血のシリーズ>。 みんな人は心に森をもっているをテーマにした<Forestシリーズ>を経て、9.11以降<Justiceシリーズ>を制作しています。Justiceとは、真実を見つける旅。それは、透明な世界、ワンダーランドなのかもしれない。

透明な世界を糸で表現した、繊細で強靭な糸がつくり出す瞑想空間へ、どうぞお出かけ下さい。







山本篤子 個展
Transparency 透明展
2012年10月9日(火)~14日(日)
AM10:30~PM6:30

最終日PM6:00まで

Gallery Kabutoya
銀座兜屋画廊

〒104-0061   東京都 中央区 銀座8-8-1 出雲ビル8F
Tel.03-3571-6331
http://www.gallery-kabutoya.com/












 






LIVE 星舟庭
10月11日(木)18時~

ユニークな女性3人組のパフォーマー、
星舟庭<hoshi fune niwa>のライブ


http://hoshifuneniwa.web.fc2.com/